リズムドクター

税別価格
¥ 22,000
型番
QMMG NT02(91)
ブランド
クイックマスター
原産国
中国
ヘッド素材
アルミ合金
ヘッド体積
330cm3
ロフト角
15度
ライ角
56度
クラブ長さ
43.5インチ
グリップ素材
ラバー
 
※本スペックはクラブの設計値です。実測値が設計値と若干異なる場合がありますので、ご了承ください
※本スペックは予告なしに変更する事があります。予めご了承ください
※グリップ部表面に白い粉末が付着している場合がありますが、これは品質の維持・補強成分で、品質上問題ありません。布等で容易に拭き取りが可能ですので、安心してご使用ください
 
CATEGORY カテゴリー
SKLZ(スキルズ)
クイックマスター
カップインゲート
スイングブレード
ターゲットカップ
コネクトボール
ツアーチューブ
パーフェクトアングル
パーフェクトローテーションライト
パーフェクトローテーションミドル
リズムドクター
パーフェクトスタンス
パーフェクトローテーション
飛距離&筋力アップ
飛距離アップ
スイング作り
パッティング上達
パット&アプローチ上達
体の動きを矯正
商品のお問い合わせはヤマニゴルフ事業部へ。電話番号は03-5806-8055です。
クイックマスター、リズムドクター。理想的なスイングリズムとスイングプレーンを体感し、正しいスイングをマスター!
 
 

プロコーチ・内藤雄士推奨!

振って真っすぐ飛んだ瞬間に
正しいスイングがあなたのモノに!

「まずは『リズムドクター』を打ってみてください。真っすぐ飛ばなかったり飛距離が出ないのは、リキみや打ち急ぎ、オーバースイングをしていたり、体重移動ができていないため、スイングプレーンやスイングリズムに乱れがあるからです。
『リズムドクター』を実際に打って練習していくうちに、ボールが真っすぐ飛ぶようになったら、それは正しいスイングが習得できた証拠。クラブと腕と体が一体となったテークバックや、正しいグリッププレッシャーでの切り返し、正しいインパクトやフィニッシュの形が体得でき、“カッコイイ”スイングが身に付きます。これにより、クラブも加速するので、ヘッドスピードもUPします」

内藤雄士の解説ムービーをみる

各部名称

長さ43.5インチ。通常のドライバーのように実際にボールを打って練習できます。グリップ全体は手で簡単に曲がるほどのやわらかさ。グリップは太めに設計。

練習方法

テークバックからトップ対フォローからフィニッシュ=3対7をイメージして振るのがポイント!
  • リキまず、打ち急がず、腕と体をしっかりと同調させます
  • 「リズムドクター」 が折れ曲がらないよう、できるだけ
    真っすぐの状態を保つイメージで振ります
  • コンパクトなトップと大きいフィニッシュを意識して振りましょう
理想的なスイングリズムと正しいスイングプレーンを作ります!!
テークバックからトップ、3。フォローからフィニッシュ、7。

ポイント

手首を使った急な始動は禁物。
右足に十分に体重を乗せて、
体全体で「リズムドクター」を
上げていきます

1. グリッププレッシャーを
 強めないようアドレス

2. 手首を使った急な始動は禁物

3. 腕と体の同調を意識し、
 右足に十分に体重を乗せます

4. トップではコックを使いすぎ
 ないよう、コンパクトに

ポイント

手首を使った急な切り返しは厳禁です。打ち急がずトップで十分なタメを作り、左足にしっかり体重を移して大きな「I字フィニッシュ」を

5.トップで適度なタメを意識して
から、ダウンスイング開始

6. インパクトではリキまず、
正しいリリースポイントを
意識しましょう

7〜8. 体重をしっかりと左足に
移し、大きなフィニシュを

原因 1. 打ち急ぎ

・グリッププレッシャーが強すぎる

リキみやすくなり、それにより正しいリリースポイントやスイングプレーン、スイングリズムが意識できなくなります

・手首を使った急な始動

正しいフェースアングルがキープできなくなり、正しいスイングプレーンから外れやすくなります

・手首を使った急な切り返し

正しいフェースアングルがキープできなくなり、適切なリリースポイントが意識できません。また、正しいスイングプレーンからも外れやすくなります 

解決策
  • ・グリッププレッシャーを強めず一定に保ち、
     腕と体の同調や一体感を意識して始動します
  • ・トップでは適度なタメを意識してダウンスイングに入りましょう

原因 2. オーバースイング

・バックスイング時に体を捻転させすぎている

体の軸がブレて、正しいスイングプレーンが崩れてしまいます

・トップで手首(コック)を使いすぎている

正しいフェースアングルがキープできなくなります。また、正しいスイングプレーンからも外れやすくなります

解決策
  • ・腕と体の同調をしっかりと意識し、極力手首(コック)を使わない
     コンパクトなトップを心がけましょう

原因 3. 正しい体重移動ができていない

・腕と体の動きが同調していない/腕だけで振っている

体重移動が十分にできにくくなります

・オーバースイング

テークバックで、右足から体重が逃げやすくなってしまいます

・急な切り返しなどによる打ち急ぎ

腕主体のスイングになりやすく、インパクトからフォロー〜フィニッシュにかけて左足に体重が乗りにくくなります

解決策
  • ・腕と体の同調をしっかりと意識しましょう
  • ・打ち急ぎに注意し、コンパクトなトップと大きいフィニシュを心がけましょう